レーシック手術とドライアイのリスク

*

レーシック手術とドライアイのリスク


ドライアイの原因

 

レーザー手術においてよくある後遺症と言われるのが、ドライアイです。眼球に必要な潤いが不足することによって違和感や眼精疲労を引き起こすドライアイは、経験者だけがわかるとても辛いものといえるでしょう。
 

とくに手術後はフラップの保護という観点から目薬が欠かせないため、あまり大きく取りざたされることはありません。ですが、ある程度落ち着いてから問題になってくるというのがドライアイの特徴と言えます。
 

レーザー手術の場合、照射範囲の外側も少し熱をもつことがあり、これによって涙腺の一部をいためてしまうのがドライアイの主な原因となっています。これは手術にはつき物として認知されていますが、普通は時間の経過とともに涙腺が再活性化し解消されるものです。
 

この回復具合には個人差があり、人によってはドライアイが非常に長く続くこともあり得ます。これが軽い後遺症の一部となる、というわけですね。
 
 

ドライアイの対策もあります

 

手術によってドライアイになった場合、ほとんどは点眼薬を使用しながら経過を観察することになります。
 

人間の器官のほとんどは再生能力をもっていますから、自然に治まっていくのを待つということですね。やはり自然な状態が一番ですから、まずはこの方法によって対処されることがほとんどです。
 

しばらくたって改善されない場合は次の方法で対処されることになりますが、それは涙腺に「涙腺プラグ」という涙の通り道になるものを埋め込む手法です。
 

レーザーによって痛めてしまった部分は涙腺の出口だけに限られていますから、ここに通り道を作ることによってドライアイを解消するという形ですね。これは非常に小さなものですから、外観ではほどんど目立ちませんし違和感を感じることもありません。
 

このようにドライアイにもしっかりと対策がとられていますので、それほど心配する必要はないでしょう。
 

レーシック手術とドライアイのリスク関連ページ

老眼レーシックは安心?具体的な内容!
レーシック手術の気になる費用とクリニックごとの評判を紹介!レーシック費用はクリニックによって大きな違いがあり、また実績豊富な医師がたくさん在籍するクリニックは評判がいい傾向があります!
レーシックの後遺症などのリスクについて
レーシック手術の気になる費用とクリニックごとの評判を紹介!レーシック費用はクリニックによって大きな違いがあり、また実績豊富な医師がたくさん在籍するクリニックは評判がいい傾向があります!