【質問】レーシック手術の後遺症リスクを教えて!

*

【質問】レーシック手術の後遺症リスクを教えて!


質問:レーシック手術の後遺症やリスクは?

回答

レーシックの手術を受けた場合、後遺症は一般的な手術の後遺症のような深刻なものはありません。しかし、手術後には少なからず後遺症がでることは理解しておきましょう。
 

ハロ・グレア

看護師まず、そのひとつには、レーシック手術を受けてから数ヶ月間は、そう強くない程度の明るさの光が、通常感じるよりも明るく感じられることがあげられます。
 

これが「ハロー現象」や「グレア現象」といわれている症状です。
 

ハロ・グレアがでても、レーシック施術後数ヶ月が経過すると通常の状態に戻ることがほとんどです。しかし、ごく少数ですが、さらに長く後遺症として残るという例が報告されています。
 

また、色の明暗の差が識別しにくくなることもあるようです。そのため、色を識別したり、色彩に関係する仕事をしている人は、レーシック手術は慎重になる必要があるでしょう。
 

ドライアイ

他に考えられる後遺症には、医師の技量不足による乱視やドライアイ、そしてフラップが剥がれるといったものがあるようです。こういった後遺症は、最新機器を使った施術を受けることで軽減できます。
 

レーシックの一般的な後遺症は、「ドライアイ」や「暗闇での視力低下」などです。これらの症状は人によって違いはあるようですが、レーシックの手術を受ければある程度は避けることの出来ない症状です。
 

こういったレーシック手術の後遺症や症状は、一定の時間の経過と共に治る「一時的な後遺症」です。そのため、手術後の経過の一工程と認識しておく必要があるようです。
 

さらに、後遺症とは言えないものですが、レーシック手術において角膜にフラップを作る為、眼にフラップの跡が残ります。これは肉眼では確認の出来ない小さな傷跡であり問題はありませんが。
 

そしてレーシックの後遺症は、フラップの安定する1週間~1ヶ月経つと、ほとんどの場合自然に治まっていきます。
 

※車の運転に注意
 
このようなレーシックの手術後の症状により、日常生活において注意が必要なことがあります。それは、光に敏感になり暗闇での視力が低下する症状がある場合は、夜間の運転などは控えるようにするといったことです。
 
さらに人によっては、昼間の外出にはサングラスが必要になる場合もあります。特に車の運転に関しては、危険を伴う場合があるので、慎重になる必要があるでしょう。

レーシックで過矯正になるリスク

レーシックの手術を受けた後に、視力は徐々に回復していきます。まれに想定以上に視力が上がり過ぎることもあります。急激に視界がよくなることによって、脳がその刺激に驚いてしまうために目が疲れます。
 

しかし、レーシック後の見え方は、安定していないこともありますが、徐々に慣れていくもので、回復した視力にもいずれ目が慣れてくるようになります。
 

度の強すぎるメガネをかけた時に、頭痛がしたり気分が悪くなったり、といった症状が起こる場合がありますよね。
 

過矯正はこれと同じような症状が出る場合がありますが、時間が経過するにしたがって、その視力は自然な状態となっていきます。
 

またレーシックの手術を受けて、はじめは見えすぎていたとしても、目の疲れや酷使などにより、視力が少しずつ落ちていくこともあります。レーシックでは、最終的に安定した視力が1.0以上あれば問題はないとされています。

【質問】レーシック手術の後遺症リスクを教えて!関連ページ

【質問】レーシックすると白内障になっても手術できない?
Tweet質問:レーシックをすると白内障でも手術ができないのですか? 回答 まず、白内障というのはどういった眼 […]
【質問】レーシック施術中に目を開けていられるか不安です…。
Tweet質問:施術中に目を開けていられるか不安ですが大丈夫でしょうか? 回答 まず、レーシックの手術は、自分 […]
【質問】レーシック手術は痛いのか?
Tweet質問:レーシック手術は痛いの? 回答 レーシックとは、視力を回復する為の治療方法のひとつ。またレーシ […]

TOPへ